脱毛サロンに行けない人のオススメ自己処理方法

これから、夏にむけて皆さん薄着になっていくことでしょう。
電車のつり革で他人の脇が除いていたらふと見てしまうのが、人間の性ではないでしょうか。
また、夏はアバンチュールなことが沢山起こります。もしかしたらその人と付き合えたりするかもしれません。
そんなとき、わき毛やデリケートゾーンのお毛毛が処理できてなかったら、、、千載一遇のチャンスを逃しかねません。

男性は意外と女性のワキ、腕毛、唇、歯等の細かい部分を沢山見ています。
どんなに綺麗な服で着飾ってても唇がカサカサだと台無しですし、歯に食べカスがついていたら、この子エチケットがなってないなと思われたりします。
唇、歯等は気をつければどうにかなりますが、ワキ毛や腕毛等の毛の処理の場合は気をつけていても、肌が荒れてしまったり、埋没毛などができて黒いぼつぼつになったりして中々綺麗にはならないことも多いでしょう。

その為に、美容を気にする女性の皆さんは脱毛サロンに通い、綺麗に無駄毛の処理をしています。脱毛サロンでは、肌荒れを起こさない様に、独自のジェル等を使用したりして、脱毛後のお肌のケアにはかなり気を使っています。
ですが、お金や時間に余裕が無かったりして、脱毛サロンに通えない人もいると思います。

そういう方達の為に、自己処理を綺麗にやる方法を自己処理の方法別に分けてご紹介します。

カミソリでの自己処理

これは自己処理の中で、一番有名な方法でしょう。
お手軽にすぐ処理できるので、手っ取り早く処理したい人にはおすすめです。
ですが、カミソリの派でお肌に傷をつけてしまい、お肌が荒れてしまったり、毛が生えてきたらまた直に自己処理をしなければいけないので、回数が多くてめんどくさかったりもします。
また、お肌の角質まで一緒に削ぎ落としたりするので、シミの原因になったりもします。
もし、カミソリで処理する場合は剃った後はきちんと保湿を行いましょう。

家庭用脱毛機での自己処理

これは、家庭でエステ脱毛をしたいという方にはいいかもしれませんが、高いです。
安いのでも¥30,000円以上はするでしょう。安いのを買って効果が無いのも嫌なので、みなさん人気の商品を選ばれるでしょう。
今のところ、ケノンという家庭用脱毛機が一番人気らしいです。本体価格は¥73,800です。
これなら脱毛サロンに通うという方もいるかもしれませんが、全身脱毛を¥73,800でできると考えると安いかもしれませんね。
ですが、自分で照射できないなどもあるので、できる範囲といったら腕、脚、お腹あたりでしょうか?顔はちょっと怖い気がしますね。
あと、家庭用脱毛で処理する場合はきちんとお肌を冷やしてから行いましょう。
お肌が荒れる原因になったり、毛穴が開いたままになったりして、逆に汚くなってしまう恐れがあります。

毛抜きでの自己処理

一本ずつ地道に抜く方法です。
時間がかかりますし、お肌への負担も大きいですし、埋没毛の原因にもなるますのであまりオススメはできません。

電気シェーバーでの自己処理

カミソリと似ていますが、カミソリよりはお肌に掛かる負担は小さいです。ですが、少なからずお肌への負担はあるそうです。
なので、カミソリと同様に処理後の保湿は必須です。

除毛クリームでの自己処理

除毛クリームとは簡単に言うと化学的な方法で毛を溶かしてしまう方法です。カミソリや毛抜きよりも持続時間は長いですし、毛穴も目立ちません。
ですが、肌に合わないとお肌がかぶれて痒くなったりしますので、自分のお肌に合うクリームを選び必要があります。

時間が無くて通えない方はシェーバーかカミソリがお肌に優しくておすすめです。
除毛クリームや毛抜きでの自己処理は時間もかかりますし、お肌への負担も大きいのであまりオススメはできません。
もしお金に余裕が無いけど、自分でサロンで行える脱毛をしたいと言う方は家庭用脱毛機も選択肢の一つとして入れてみてはどうでしょうか。
とは言え、今は近所へのお買い物感覚で行けるサロンも増えています。
ですので、自己処理よりも時間もお金もかからずにサロンに通えることもあるかもしれないので、サロンを探してみるのみいいでしょう。

口コミランキング