脱毛の種類

わきが・多汗症の治療

クリニックで受けられるわきがの治療

皮膚科・美容外科・美容皮膚科などで受診。わきが(腋臭症・臭汗症)の治療法には保険が適用されるものとされないものがあります。

ボトックス注射

A型ボツリヌス毒素製剤を注射することでエクリン腺の働きを止め、汗の分泌を抑制します。効果は個人差がありますが、約4?6ヶ月です。自由診療のため料金は実施しているクリニックによって異なります。軽度のわきがや手術が怖い・まずは試したい方に向いています。

剪除法(せんじょほう)

わきの下を切除し、医師が目で確認しながらアポクリン汗腺を専用のハサミで取り除く手術です。再発の心配が少ないポピュラーな方法ですが、切除する際の傷跡が大きく残りやすい方法でもあります。保険が適用される唯一の方法です。

超音波(吸引)法

わきの下を数ミリ単位で切開し、超音波でアポクリン腺・エクリン腺を破壊・吸引する方法です。傷跡が小さいため体への負担が少なく、汗腺の破壊と吸引を同時に行うことから再発の心配は少ないと言えます。

シェービング法

わきの下を数ミリ?1センチほど切開し、刃のついたカニューレを差し込んで汗腺を削り取る方法です。刃は内刃と外刃がありそれぞれが回転しながら汗腺を除去していきます。合わせて皮膚の裏側から毛根も削り取るので、脱毛効果もあります。
各クリニックによって様々な名称があり、マイクロシェービング法・フラットシェービング法とも言われます。

ミラドライ

切らないわきが治療として近年人気の高い方法です。マイクロウェーブという電磁波を照射して汗腺組織を破壊します。皮膚の切開を行わないので体への負担はありません。傷跡を気にする方にはおすすめといえるでしょう。

クリニックで受けられる多汗症の治療

皮膚科・美容皮膚科・心療内科などで受診。多汗症の治療法には保険が適用されるものとされないものがあります。

外用薬治療

塩化アルミニウムの塗り薬が市販されています。まずはこちらを試してみるのはいかがでしょうか。

ボトックス注射

A型ボツリヌス毒素製剤を注射することでエクリン腺の働きを止め、汗の分泌を抑制します。効果は個人差がありますが、約4?6ヶ月です。自由診療のため料金は実施しているクリニックによって異なります。局所性多汗症の治療として、手のひら・足裏・わきの下などに用いられます。

イオンフォレーシス

手のひら・足裏など発汗が気になる部位を水(水道水)に浸して電流を流して発汗を止める方法です。軽度の場合は週に一度くらいの通院で対応できますが、重度の場合は毎日行わないと効果が得られにくいとされています。水で効果が得られない場合には抗コリン製剤を用いて発汗神経伝達物質の伝達を遮断する方法が取られることもありますが、副作用を起こすことがあるので医師とよく相談して下さい。

交感神経ブロック治療

手のひら・足裏のみに有効な方法。発汗を司る交感神経の伝達を神経ブロック注射により遮断することで発汗を抑えます。副作用として別の部位からの発汗が起こることがあります。

※わきの下の多汗症の場合は臭いを伴うことが多いため、わきがの治療も参考にして下さい。

口コミランキング